賃貸管理サポート

賃貸経営のポイント

賃貸経営のリスク

不動産を賃貸する上での代表的なリスクとしては、次のようなものがあげられます。

「空室の発生」「家賃の滞納」「入居者様とのトラブル」「家賃相場の変動」

これらは、事前にリスク回避できるもの、プロに委託することによってスムーズに解決できることなど、様々なケースがあります。賃貸経営に一番大切なのは、あらかじめリスクを認識して、その対応策を明確にしておくこと。
リスクを認識した上で、管理方法を選ぶことをおすすめします。

賃貸経営は委託の時代へ

入居者様から家賃収入を得るということは、すなわち建物の維持管理を行う義務が発生することを意味します。建物管理には、日常の管理業務だけでなく建物の修復、入居者様からの苦情や各種トラブルの対応など、その業務は大量かつ煩雑です。
また、昨今、家族構成やライフスタイルの変化に伴う入居者多様化により、賃貸経営も大きく変化しています。
そのため、安定した賃貸経営と専門的アドバイスを受けるために、管理会社に業務を委託するオーナー様が増加しています。今後は、高度な管理ノウハウを持った専門家である管理会社やサブリースを行う業者に賃貸経営のすべてまたは一部を委託する時代へ移行していくものと思われます。

アパマンショップリーシングの賃貸管理

アパマンショップリーシングの従来培ってきたノウハウにより、オーナー様の賃貸経営をサポートします。

サブリースのご案内一般賃貸管理のご案内